購入の仕方

パソコンインターネット通販で印鑑を購入する際には、基本的にお店の申込フォームを使えばそのまま指示に従って情報を入力していくだけで印鑑作成ができるようになっています。そのため特にフォントについても下調べをしていなくてもその場で確認しながら進められますし仕上がりのイメージもできるようになっています。

そこで、購入するにあたっては申し込みの仕方よりも依頼する印鑑店をしっかりと選ぶことが重要です。サイトを見てフォントの種類や印材の種類、サイズの調整の可否といった出来上がりについての情報を確認すると同時に、セキュリティ対策や到着日の目安の確認、費用といったものも確認しましょう

印鑑店によってはスピード作成が可能というお店もあり、午前中に注文をするとその日のうちに発送してくれるというところもあります。また、送料についても負担してくれるところもありますし別料金となることもあります。そのため、申し込みをする前にいくつかの印鑑店を候補として選び、情報を確認して依頼するところを決めるようにしましょう。その際、実際に注文した人たちの口コミも確認するとより安心して依頼できるようになります。購入後トラブルが起きないよう、購入前に不明点は問い合わせるようにしましょう。

通販サイトを利用する

最近ではインターネット通販でなんでも購入することができます。もちろん印鑑についてもインターネット通販で購入することが可能です。お店に行って印鑑を作るとなるとオーダーと受け取りと足を運ぶことが必要であり、仕事をしている人だとなかなか思うように足を運ぶことができないことも多いです。その点、インターネット通販であればオーダーをして自宅に届けてもらうことができるので忙しい人でも購入がしやすいです

印鑑インターネット通販で印鑑を購入するとなるとトラブルを不安視する人も少なくありません。よくある苗字の日とは同じ印鑑がたくさん作られているとなれば模造されたりトラブルに巻き込まれたりすることへの不安もあります。そこで、購入するサイトは慎重に選ぶようにしましょう。

きちんと文字のフォントが豊富に用意されており、なおかつ細かな細工をして同じものが二つとしてできないように工夫をしているという店舗も多くあります。そして、出来上がりがどのような印鑑になるのか事前にプレビューで見せてくれるというお店もあります。さらに中身が印鑑とわかってしまい盗難されないよう、中身についても明記せず送ってくれるという配慮をしてくれるお店もありますから、こういったセキュリティのしっかりとしているお店を選ぶようにしましょう。次の頁では、通販サイトでの購入の仕方について説明します。

作るメリット

銀行印を自分で作るといろいろなメリットがあります。自分で作成することになればすべてがオーダーメイドできるようになり、模造されることも悪用されることも予防することができるのです。

印鑑オーダーメイドでできる内容として、まずはサイズがあります。銀行印を作るにあたっては実印よりも小さく認印よりも大きくするとよいといわれています。これは特に明確な理由がないのですが、昔からこのサイズで作られることが一般的であったためです。また、サイズが違うことによってどれが何に使っていたかということが分かりやすいというメリットもあります。

次に文字のフォントも好きなもので作ってもらえます。一般的に篆書体(てんしょたい)と印相体というのが印鑑を作成する際に使われるフォントです。これらは字体の判別がとても難しく模倣もしにくいです。好みによって好きな方が選べてオリジナリティのあるものを作ることができます。

そして、意外と便利なのがフルネーム、下の名前、名字と好きな形で作れるということです。銀行印は名字のみでなければならないという理由はないのでフルネームで作っておくと他の印鑑と区別がしやすいですし模倣もされにくいです。女性の場合には結婚して名前が変わることもあるので下の名前のみで作るというのもおすすめです。次の頁では、通販サイトの利用について説明します。

印鑑の重要性

新しく銀行口座を開設する際には銀行印が必要になります。最近では100円ショップでも印鑑が購入できるため、リーズナブルな印鑑をそのまま銀行印や日常的に使う印鑑にしてしまうという人もいます。しかし、銀行印は自分の財産を守るとても重要なものです。そのため、できればきちんとこだわって作りたいものですし、トラブル回避のためにも銀行印は別に用意することが望ましいです。

沢山の印鑑特に100円ショップの印鑑を銀行印にしてしまうと簡単に同じものをほかの人が入手できるようになってしまいます。そのため、万が一通帳を盗まれたり落としたりしたときに自分に成りすましてお金を引き出されたり悪用されたりする危険もあるのです。

また、実印をはじめいろいろな印鑑を一つの印鑑で統一してしまうと盗難に遭った際にすべての銀行通帳からお金が引き出せるようにもなってしまいますし、お金が借りられてしまったり書類を作成されたりといったトラブルを起こす原因にもなってしまいます。

そこで、銀行印は実印や認印とは違うものにするべきですし、なおかつ偽造されにくいもの、耐久性の高いものを作ることが良いとされています。印鑑を購入したり作成したりするのにはお金がかかってしまいますが、トラブルを回避するためにもきちんとしたものを作成しておくべきなのです。何か起きてからでは取り返しがつきませんし、再度銀行をはじめいろいろな手続きをすることは大変煩わしいですから、作成時にきちんとしておきましょう。次の頁では、銀行印を作るメリットについて説明します。