印鑑の重要性

新しく銀行口座を開設する際には銀行印が必要になります。最近では100円ショップでも印鑑が購入できるため、リーズナブルな印鑑をそのまま銀行印や日常的に使う印鑑にしてしまうという人もいます。しかし、銀行印は自分の財産を守るとても重要なものです。そのため、できればきちんとこだわって作りたいものですし、トラブル回避のためにも銀行印は別に用意することが望ましいです。

沢山の印鑑特に100円ショップの印鑑を銀行印にしてしまうと簡単に同じものをほかの人が入手できるようになってしまいます。そのため、万が一通帳を盗まれたり落としたりしたときに自分に成りすましてお金を引き出されたり悪用されたりする危険もあるのです。

また、実印をはじめいろいろな印鑑を一つの印鑑で統一してしまうと盗難に遭った際にすべての銀行通帳からお金が引き出せるようにもなってしまいますし、お金が借りられてしまったり書類を作成されたりといったトラブルを起こす原因にもなってしまいます。

そこで、銀行印は実印や認印とは違うものにするべきですし、なおかつ偽造されにくいもの、耐久性の高いものを作ることが良いとされています。印鑑を購入したり作成したりするのにはお金がかかってしまいますが、トラブルを回避するためにもきちんとしたものを作成しておくべきなのです。何か起きてからでは取り返しがつきませんし、再度銀行をはじめいろいろな手続きをすることは大変煩わしいですから、作成時にきちんとしておきましょう。次の頁では、銀行印を作るメリットについて説明します。